ペットシッターとペットホテルどっちがいいの?
ペットシッターの選び方

ペットシッターとペットホテル 大切なペットを預けるならあなたはどっちが合ってるのか比較してみた

便利・楽さ
ペットホテル 
飼い主さんが直接連れて行くことが必要。ホテルには預けられる営業時間がありますので、早朝の飛行機などの場合は、前日より宿泊が必要だったり、余分に1~2泊分のホテル料金がひつようになることもある。

ペットシッター 

早朝の飛行機でも、その日いつもの朝のお散歩やご飯の時間に来てくれます。夕方から依頼することも可能なので自分の旅行や出張の予定にあわせて予約が取れます。

楽さを考えると、ペットホテルに比べ圧倒的にペットシッターが楽です!
しかも多頭飼いだったり犬と猫が同居していたりすると、連れて行くのも大変なですよね。
料金の違い
ペットホテル
ホテルは基本1匹1室のところも多く、多頭の場合は同室なら少し割引もあるホテルもありますが、多頭だとそれだけルーム数が必要になり料金は高くなります。
多頭では1室の場合は狭いところも多く、犬や猫もストレスに感じることも多いようです。

ペットシッター
猫ちゃんなら1匹から5匹まで同料金であったり、朝夕の2回なら割引もあるお店もあります。
犬も小型犬なら何匹まで同料金であったり、ホテルでは割高な大型犬や超大型犬も小型犬と同料金なお店が多いのでお得かと思います。

料金の違いを考えると、1匹だけならホテルも安く泊めれます。2匹以上いるならペットシッターの方が安くてお得かもしれません。
本来自宅にきてくれるペットシッターは、自分の家だけのお世話を貸切るという意味では贅沢で高級であるべき仕事ですが、今は比較的利用しやすい値段設定だと思います。
今後ペットシッターの価値もお店によっては高まり、高級ペットシッター店や格安ペットシッターなど大きく差が出てくるのではと考えています。
環境の変化
ペットホテル
猫ちゃんにとって家から出てのホテル宿泊はストレス以外ないのではと思います。人見知りの猫ちゃんならなおさらですよね。
犬にとってはホテルスタッフさんに大好きな人がいたり、フリーケージで仲良しの看板犬がいるなら楽しいお留守番になるのではと思います。

ペットシッター
シャイな猫さん、遊び好きな猫ちゃんには自宅でお留守番のペットシッターが100%ストレスが少なくおススメです。
お散歩が必要なわんちゃんにはホテルのお店の前のトイレ散歩では運動不足であったり、お散歩がないホテルもあるので、希望の時間お散歩でしっかり運動をさせてくれるペットシッターは魅力的です。
スタッフが同じなので、お友達がきた!と喜んでくれる犬や猫も多いです。

環境の変化を考えると、いつも生活空間を変えずに自宅でお留守番ができるペットシッターに軍配が上がるのではと思います。他の犬が大好き!スタッフが大好きなわんちゃんはホテルがおススメです。
しかし、ホテルによっては夜間はスタッフが帰宅するお店あるのでチェックを忘れずに。
防犯になる
ペットホテル
自宅は留守になります。家が留守になると外からも電気やカーテンなど人の動きがなくなるので、防犯上は少し不安です。新聞を止めたり、郵便ポストがいっぱいになると外からもわかるので危険です。

ペットシッター
ペットがいるだけで家に動きがあり、ペットシッターが居る時間も電気やカーテンの開け閉め、植木やお庭の水遣りなど、生活面に動きがあり安心です。
ペットシッターの無料オプションでは、エアコンのタイマー管理やカーテンの開け閉め、夜は電気をつけ朝は消す、新聞の回収、郵便物の回収、結構あるあるのポストにささったままの回覧板の回収など、毎日の家の変化を作り出すこともできます。

防犯を考えると、 ペットホテルは無人になる、ペットシッターは家で防犯対策もしてくれるので安心感はあります。ただ他人を入れに入れる不安も出てきますが、それは下の方で解説します。
ストレスが少ない
ペットホテル
猫にとっては自宅以外で長時間過ごすのは、苦痛ではないかと思います。
犬にとってもフリーケージで1日すごせるような環境ならありがたいですが、ペットマンションと呼ばれるホテル犬舎で長時間過ごすのは、隣の犬が吠え続けている可能性もありますし、苦手な種類の犬や猫が見えたり、ニオイがしているとストレスも多くなります。

ペットシッター
老犬や老猫の介護課必要なペットには、ペットシッターは安心です。ただかかりつけの動物病院が安心な場合もあります。ペットカメラなどで監視できる環境もおすすめです
猫にとってはペットシッターは、よく遊ぶ猫さんはゆっくり独り占めで遊べますし、シャイで出てこない猫さんにも必要なごはんやトイレの掃除や排泄のチェックで生活できているかもある程度把握できるので安心です。
派遣型でないお店ならペットシッタースタッフ が毎回同じなので、ペットもお友達感覚で迎えてくれるようになります。

ストレスが少ないかどうかは、ペットシッターが少し上回るのではないかと思います。
そのペットの性格や慣れているスタッフさんがいるか、自宅が大好きかでも判断してあげてください。
ワクチン接種
ペットホテル
犬の登録、狂犬病予防接種済証、混合ワクチン接種〇種以上等の提示が必要です。
ワクチンをしていない場合利用はできないことが多いです。

ペットシッター
シッターのご利用にも、犬は狂犬病注射済証の提示と犬の登録が必要です。それらを確認せず依頼を受けたり、狂犬病ワクチン接種をしていない犬のシッターをしているお店は違反ですのでご注意ください。
打合せで確認されない場合は利用をやめられることをおススメします。
混合ワクチン接種につきましては、ペット同士がふれあわない自宅でのお世話なので必要ないお店も多いです。

ワクチン接種については、ペットホテルはいろんなペットが集まりますので完全に証明証が必要です。ペットシッターは混合ワクチン接種は自由であることが多いですが、伝染性のあるペットの病気が発症している場合は、ホテル、シッター共に利用はできません。動物病院に相談されるのがよろしいかと思います。
プライバシー
ペットホテル


ペットシッター
セキュリティー
人間性
経験